Rest Term

ハイパス/ローパスフィルタ

Pocket

前回の続き。
今回はフーリエ変換で得られた周波数スペクトルにハイパスフィルタ(HPF)/ローパスフィルタ(LPF)をかけます。
Flashだとサウンド関連でよく耳にするフィルタかもしれませんが、画像でも基本は同じです。
前回作ったクラスにフィルタ処理等を追加します。
・1D/2D-FFT + HPF/LPF
(追記 2008 12/19) バンドパスフィルタ(BPF)の処理を追加。
(追記 2009 2/20) 空間周波数フィルタのメソッドを少し修正。処理内容は変わってません。

・ハイパス/ローパスフィルタのテスト

・出力結果 (クリックで拡大)

ハイパスフィルタは高域の周波数成分のみ通過させます。
これによって緩やかな変動成分は除去され、エッジ部分だけが残る画像が得られます。
一方、ローパスフィルタは低域の周波数成分のみ通過させます。
こちらは緩やかな変動成分だけが残り、全体的にボケた画像が得られます。
フィルタ適用後のスペクトル画像を見れば視覚的にもわかりやすいかと。
画像の周波数成分が扱えるとできることがさらに広がります。

・関連記事
二次元離散フーリエ変換 - AS3.0
離散フーリエ変換 - AS3.0

あわせて読む:

 

Tags: , ,

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name