Rest Term

常時SSL化とHTTP/2対応しました

ドメイン rest-term.com の常時SSL化とHTTP/2に対応しました。

本サイトのコンテンツはCloudflareで配信しているので常時SSL化自体は簡単でした。後はコンテンツ内でのhttp/https混在(mixed content)を解消したり、パフォーマンス改善のためにWordPressプラグインを整理したり、一部は自作したものに置き換えたりとか細かい作業をしていました。SSL化関連の作業メモについてはWikiの方に書いてますので興味があれば。CloudflareだけでなくLet's Encryptの証明書発行作業等についても触れています。

現在、RSSフィードは旧URLと新URL(https://rest-term.com/feed/atom/)の両方を配信してます。いずれは新URLの方だけにする予定です。

HTTPS化したのでHTTP/2対応も併せて行いました。早くHTTP/2が当たり前の世界になって欲しいですね。

HTTPS化するとはてなブックマークなどのSNSへのシェア数がリセットされる問題は有名かと思いますが、SNS Count Cacheプラグインを利用すればHTTP時代の数値を合算表示させるのは簡単に実装できました。あとはGitHubバッジのウィジェットが重いのでセルフホスティングできるタイプのプラグインを自作しようかと思っています。

近い内に各Webブラウザが非HTTPSサイトを警告表示する取り組みが実施されるかと思いますが、常時SSL化が間に合って良かったです。まだ一部不具合が残っているページもあるかもしれませんが確認次第対応していきます。

あわせて読む:

 

Tags: ,

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name