Rest Term

World IPv6 Day

2011/06/08 (日本時間 AM 9:00) から24時間、World IPv6 Day という世界規模の試験が行われます。


IPv4アドレスの枯渇に際して、IPv6によるサービス提供に問題がないことを確かめ、
問題があった場合にはそれを共有して今後の課題解決に役立てることが目的です。
このイベントはGoogle, Facebook, Yahoo!などのサービスプロバイダが、
一斉にトップページなどをIPv6でアクセスできるようにします。
日本でも弊社含めいくつかの事業者が参加を表明しています。

さて現在、Yahoo! Japanトップの左上にIPv6バナーが表示されています。
このバナーはIPv4/v6のデュアルスタックサーバから配信されていて、
閲覧できない環境の人には警告バナーが表示されるようになっています。
デュアルスタックに対応していないユーザがわずかに存在することが統計的に確認されており、
World IPv6 Day当日は対象ページを閲覧できない場合があります。

以下のページで事前の接続テストができますので是非。
World IPv6 Day - Yahoo! JAPAN

今回の大規模な社会実験でなんらかの影響(混乱)が世界中で出ると思いますが、
問題点を今の内に洗い出し、今後必ずやってくるIPv6時代への意識を高めていきたいです。

このブログを見てくださっているフロントエンドやデザイナ寄りの方は、
もしかしたらインターネットインフラには興味が湧きにくいかもしれません。
でも今後のWWWに関する大切な事なので、このイベントが興味を持つきっかけになればと思います。

* 参考
world ipv6 day - Google 検索
IPv6 - Wikipedia

あわせて読む:

 

Tags:

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name